天理市A.I.R「TARN」トークイベントに行ってきました。

天理市では、2021年に完成する「国際芸術家村」の完成に先駆けて、天理市本町通り商店街内でのアーティスト・イン・レジデンス事業を実施しています。

http://tenri-tarn.tumblr.com

 

今回、お友達のペ・ビョンウクさんが招聘参加されているということで、オープニングトークイベントに行ってきました!トークイベントには、今回の企画担当であるgrafから服部さん、出展作家のペさんと横山さんが登壇。

 

ヨーロッパを中心にすでにメジャーなアーティスト活動となっているA.I.Rが、なぜ今日本でも必要とされているのか。アーティストは翻訳家で、文化財や歴史という地域の試算を独自の視点で可視化し、現代に伝えることができる、と服部さん。こうして目に見えにくいプロジェクト型のアート事業やA.I.R事業の機能・役割をしっかりと言語化する、というのは大切だし必要だなとトークを聞いていて感じました。

 

韓国でも行政主導のA.I.R事業は増えているらしく、アーティストも住民の一人として世の中の要望(価値の視覚化やコミュニティの活性化)に答えていくのだ、とぺさん。ペさんの制作の態度は、「アーティストだからこうあるべき」とか「芸術とはこうだ」という偏った視点はなく、あくまで一住民としてアーティストには何ができるのか、と視点がフラットで素敵だなぁと感じました。

横山さんが話していた「アーティストも社会性を求められている」という指摘も確かにと思いました。アーティストによっては、生きづらい世の中と感じる場合もあるのかもしれません。ただ、現代芸術(に限らず表現とは)少なからず今の時代を全く無視はできないはずなので、コミュニケーションの得意・不得意はあるにせよ、「社会と関わっている」ことは必須といえるかもしれません。生きている以上、社会とは関わらざるおえないのですが。

 

とにかく、招聘作家お二人の考え方、人柄が選出された一番の理由じゃないかなと感じました。(はじめgrafさんの方で2-30組ほど候補のアーティストを挙げられたとのこと)勿論、展示作品も天理という地をアーティストの視点でしっかりと捉えていて面白かったです!

 

 

トークを聞きに来ていた地元で絵を描かれているというおじいさんが、天理の土や古墳、歴史をもっと反映させた作品を作って欲しいと意見を述べられていて、当然、そのような意見も地元側からは出るんだろうなと思いました。天理という土地性のどの部分を切り取るかは、やってきた作家の視点次第ですし、ある意味安直な「土」とか「歴史」が作品の表に出ていて、「あ、これは天理で作ったんだなー!」と分かりやすい作品が優れているかといえば、決してそうではないところがA.I.Rのアートの面白いところであり、難しいところですね。A.I.Rをする以上、作家からどのような作品が出てきても、地域はそれを受け入れてしっかり鑑賞して自分なりに考えて、次に前向きに繋げていこうという姿勢が大切なのかもしれません。

トークではアーティストから、与えられたリサーチ期間が長ければ長いほど、もっと地域性が反映されただろうと前向きな意見も出ていました。どこまでも素敵なお二人です。

 

おまけ。

トークの後のレセプションには天理の名産品がずらり!どれもオシャレ…!!

 

野染め&木彫りのワークショップ、盛況でした!

2019年2月10日(日)に、ならまちセンター市民ホールにて上演される演劇「おにはうちものがたり」内で使用される舞台美術を皆で制作するワークショップを、一般社団法人はなまるの理事高橋が中心となり、企画・開催しました!

 

ワークショップ当日は、両日とも晴天に恵まれました。

外でのびのびと楽しむワークショップだったので、ホッ。

1日目は、野染めのワークショップです。染めの素材には、キハダやダリアなど、奈良で取れた花や木の皮を使用します。

講師の高橋。(当団体理事)

 

 

 

 

午前・午後でおよそ30名の方々にご参加いただき、面白い模様の布が100m染め上がりました。この布たちが、2月の舞台でどのような活躍をするのか、楽しみです!舞台で使用された後は、奈良町にぎわいの家にて展示する予定です。

 

 

2日目は、木を彫るワークショップでした。

室生のヒノキをどなたでも自由にミノで彫っていただくことができます。

 

 

 

トントントントン…心地よいリズムが奈良町に響きました。

観光で来られていたご家族連れ、イギリスの方、ご近所の方々など、15名ほどに夢中になって彫っていただきました。こんなに大きな木を彫るなんて、めったにできない経験をできた!とご感想をちょうだいしました。こちらの木々も、2月10日の舞台にて小道具として活躍する予定です!

 

子どもでも楽しめる物づくりのワークショップは、これからも続けていければなと思っています。今回皆で作った布や木が使用される舞台の進捗状況や、展示の様子なども随時こちらのブログで更新していく予定です。

文化交流拠点「MARU(仮)」オープンに向けて準備中です!

一般社団法人はなまるでは、昨年度から「奈良・町家の芸術祭 はならぁと」の一部コーディネートを務めさせていただいています。「はならぁと」には「はならぁと部」というボランティアチームがあり、年間を通じて「はならぁと」の活動(お掃除企画やプレ企画への参加、アートピクニックの開催など)を行っています。

まだ「はならぁと」開催地が北部に集中していた数年前は、一回のお掃除に数十名の部員が参加してくださることも多くありました。しかし、近年南部東部が開催エリアの中心となってきた今では、運営側がなかなか気軽に参加をお願いできない、また部員側も気軽に参加しずらく、会期前の活動が縮小傾向にありました。

(はならぁと部の登録者が北部や県外の方が多いのです。)

 

せっかく登録してくださっている方たちがいらっしゃるのに、会期中のサポーター参加だけに活動が留まってしまうのは勿体無いな、皆で芸術文化のことを気軽に話したり楽しんだり、アーティストが活動する拠点があって、そこからまた「はならぁと」の活動にも繋がっていく場所があれば良いよね、と、はなまるスタッフの間で随分前から話していました。

 

そこで、代表理事飯村の住む家の奥にかなり広い空きスペースがあるので、そこを文化交流拠点として活用していこう!ということになりました。今は先代大家の物が沢山あるので、縁のあるボランティアさんや作家さんに声を掛けたり、奈良の物々交換スレッドで呼びかけたりして、少しずつ住み開きを始めています。

 

 

 

将来的には、アーティスト・イン・レジデンスの受け入れ場所として、制作・発表のスペースとして、トークイベントやワークショップや教室を開くことのできるスペースとして…広く文化芸術を楽しめる場所にしていきたいなと思っています。

まず直近の目標としては、今年中に荷物をすべて運び出してスッキリさせることです。

頑張ります!

学園前アートフェスタ2018 準備が進んでいます。

一般社団法人はなまるでは、「学園前アートフェスタ2018」のコーディネート(地元運営団体の補助/事務補助/作家招聘/広報補助)を、前川俊介さんと共に請け負っています。

 

「学園前アートフェスタ」は今年で開催4年目を迎える市民主導型の芸術祭です。

初年度から関わらせていただいている「奈良・町家の芸術祭 はならぁと」も民間主導の芸術祭なので、一見よく似た運営体制に見えるのですが、今回、学園前の運営に関わらせていただくと地域にも運営体制にも様々な違いがあって、面白いなぁと思いつつ、沢山のことを勉強させていただいています。

 

大きな違いは、主体となる地元団体です。「はならぁと」は、各地域にあるまちづくり団体(NPOや任意団体や観光協会等)が受け入れ団体となり、事務局は実行委員会が雇っていますが、「学園前アートフェスタ」の場合は自治連合会が運営の主体となり、事務局は帝塚山学園内にあります。

「はならぁと」では、地元住民の主体性を持った参加をどのように促すかということが度々課題として上がります。受け入れ団体のメンバーは多くても実質「はならぁと」を動かすメンバーはたった数名で負担が大きく、かつ、当日のボランティア確保に苦労する、ということがままあります。一方学園前は、自治連合会が主体となっているので、ボランティア説明会を開くとかなりの数の地元住民が参加されます。

 

子ども向けのイベントを開いても、地元の主婦の方々がネットワークを活かして主導的に募集者を募ったり、運営を行ったり、自然と運営主体者が集まっています。

私も自分の住む地域には勿論自治会はありますが、こんな仕事をしていながらお恥ずかしいのですが、積極的に活動に参加はしていません…。各自治会の呼びかけでこれだけの住民が参加するというのは地域力、というのか、すごいことだなぁと感じます。絵画や音楽を学んでいる住民の方も多いですし、このような芸術祭にボランティア参加しようと思う住民が多いということが、文化力の高さを証明していると感じます。

 

企画に関しても、地元の方々の意向がかなり明確なので、基本的にはその意向に沿い、地元の皆さまの希望を叶えることを優先してコーディネートをしています。たまにすれ違いや急な変更があって戸惑うこともありますが、地元側に意思があるからこそのことなので、プラスに捉えて意見を受け入れるようにしています。

また、今後学園前アートフェスタが末永く継続されていくことを願い、コーディネート業務の委託先が変わっても双方に戸惑いが無いように、年間を通じて変わらない業務はなるべく地元の皆さまにノウハウを引き継ぐこと、作家や委託先に無理の無い予算の提案をはじめの段階で交渉しました。

 

今回は全体予算の減少もあり、過去展覧会よりも作家数やボリュームは抑えておりますが、全員が奈良出身・在住の作家ということもあり、ほとんどが今回のための新作だったり、作家同士のコラボレーションがあったり、在廊制作も行われたり、これまでとは違ったパワーを感じていただければいいなと思っています。また、地元住民の作品展や子どもたちの作品展示なども同時展示しているので、現代アート以外でも学園前という土地の面白さを感じていただければ幸いです。これまでの経緯をしっかりと継承して、展覧会だけではなく運営体制もより良い形に整えられればいいなと思っております。

 

今回展示に関してのチャレンジは、奈良の福祉施設「たんぽぽの家」で活躍する作家さんをエイブル・アートという形で括り、紹介せず、一作家として出展を依頼、他作家とのコラボレーションをしている点でしょうか。地元住民も、子どもも、障害者も、表現においての境界線を無くし、学園前という恵まれた土地だからこそ見えない様々な境界線への問いを投げかけたいと思っています。

 

来週からいよいよ搬入が始まるので、作家さんたちとともに頑張りたいと思います!

 

 

 

期間は、11月3日(土)〜11月11日(日) ※5日(月)休館 です。

詳細は、公式webを御覧ください。皆さまのお越しをお待ちしております。

舞台美術を創ろう!ワークショップ開催!

奈良町「ひと・まち・つむぐ」実行委員会主催の「ならまちアートセンター・市民による文化創造」事業に、一般社団法人はなまるが参画(美術部門)しています。

 

これは、市民が音楽制作や舞台美術制作に参加し、共に演劇舞台を創り上げるプロジェクトです!舞台のタイトルは「おにはうちものがたり」。奈良町の世界遺産、元興寺に伝わる「鬼(ガゴゼ)」がモチーフとなった舞台で、2月10日(日)にならまちセンター市民ホールで上演されます。はなまるでは、舞台を装飾する作品(野染めの布と木の彫刻)を市民の皆さんと共に制作します!

11月に2回、無料のアートワークショップを開催しますので、是非ご参加ください。講師は、はなまる理事で彫刻家のたかはしなつきです。

 

 

美術部門以外にも、出演者オーディションや音のワークショップの参加者も随時募集しています!どれも参加無料です。舞台を創り上げる家庭に参加するという貴重な機会を、是非お見逃し無く!

 

舞台の構成や、今回の企画の核を担われている小野小町さんとは今回のプロジェクトを機に色々とお話させて頂く機会が多くあり、刺激をいただいています。奈良に市民が気軽に利用・参加できるアートセンターがあれば良いよね、奈良町が色々な演劇を発表・鑑賞できる場になれば良いよね、といつもお話していると夢が広がります。大なり小なり、住民が自分の好きな表現に触れられる場所はあればあるほど良い、と思っているので、今回のプロジェクト名にもある「ならまちアートセンター」が実現すれば最高ですね。レジデンス施設・貸しアトリエ・舞台練習場・発表の場・制作スペースがあって…

 

また、本企画の成果発表をする予定の「奈良町にぎわいの家」つし2階は、数年前から現代アート展を定期的に開催しています。大正時代の歴史ある建物だからこそ、現代の表現も楽しめる、今生きる人達の考え方にも触れられる、生活に息づく場所でありたいという想いを聞いたときは、素晴らしいなぁと感動したことを覚えています。

 

奈良市民のひとりとして、このプロジェクトに参画させていただきとても光栄です。良い舞台となるように、頑張りたいと思います!

はならぁと「吉野町国栖」「曽爾村」エリア終了しました。

一般社団法人はなまるが中心となりコーディネートさせていただきました「奈良・町家の芸術祭 はならぁと」の吉野町国栖エリアと曽爾村エリアの全会期が無事終了いたしました。

 

撮影:佐伯慎亮

 

邂逅パフォーマンス

 

反省点など振り返りは追ってしたいと思います。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

ブログをはじめます。

初めまして、一般社団法人はなまると申します。

2017年5月に奈良県でアートコーディネート・地域活性事業・子どもへのアートワークショップ事業等を実施する団体として設立しました。このブログでは、団体の活動紹介や参加者募集の告知などを代表理事・飯村を中心に更新予定です。

拙い文章となりますが、どんどんと発信していきたいと思っています。

今度とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

1