Inワークショップ

西尾美也個展「着がえる家」関連ワークショップ「いただ着ます」開催!

 

 

ワークショップ「いただ着ます」
11月9日(土)10:00-16:00

 

参加者は、好きな食材(野菜や果物、肉、魚など)を一種類持参し、その「食材」をイメージさせるような「いらなくなった服」を身につけて会場に集まる。ワークショップの前半では、参加者が持ち寄った食材を用いて、みんなでランチを作る「料理」を行なう。どんなランチができるかは、集まった食材しだい。後半は、料理と同じような感覚で、「いらなくなった服」を切ったり?混ぜたり?焼いたり?煮たり?して、新しい服を作る「服作り」を行なう。


会場 ‖ maru room

参加 ‖ 無料
持ち物 ‖ 好きな食材、いらなくなった服
対象 ‖ どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
事前予約 ‖ 当日の飛び入り参加も歓迎です。

 

-------------------------------------------

 

maru room exhibition vol.5
西尾美也個展「着がえる家」
11月21日(木)-24日(日),11月28日(木)-12月1日(日)9:30-18:00(飯村赤ちゃんは木曜日定休、11/22-12/1の期間観覧可)

観覧 ‖ 無料 会場 ‖ maru room、飯村赤ちゃん
主催 ‖ 一般社団法人はなまる 企画 ‖ 飯村有加
後援 ‖ 奈良県立大学 協力 ‖ 飯村赤ちゃん
奈良県「平成31年度未来へつなぐ文化活動ステップアップ補助金」採択事業

芸術複合施設「maru room(マルルーム)」では、奈良と生活を巡るアートプロジェクトとして、西尾美也の個展を開催します。西尾は、装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目したプロジェクトを国内外で展開してきました。本展では、「住居一体型」を特徴とするmaru roomから着想を得て付けられた「着がえる家」というタイトルのもと、家族写真と服をテーマにした旧作のシリーズや、西尾が自ら子育てをする中で実践している服と生活の関係を、「お絵かきの服」や「服アルバム」として発表します。さらに、西尾が奈良に拠点を移してからその佇まいに魅了されてきたという飯村赤ちゃん(子ども服屋)でも、今回特別に協力を得て一部の作品を展示します。また、展覧会に先立ち、「料理と服作り」を掛け合わせたワークショップも開催します。この展覧会を通して、誰しもが毎日のように行う服を着ることや着がえることの喜びを再発見する機会となれば幸いです。

同時開催「母と子の親子食堂」
11月24日(日),12月1日(日)11:00-14:00
料金 ‖ 小学生以下無料、大人は投げ銭

 

-------------------------------------------

 

西尾美也 Nishio Yoshinari
1982年奈良県生まれ、同在住。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。文化庁芸術家在外研修員(ケニア共和国ナイロビ)などを経て、現在、奈良県立大学地域創造学部准教授。ファッションブランド「NISHINARI YOSHIO」も手がける。
近年のグループ展に、「DOMANI・明日展」(2018年に国立新美術館)、「あいちトリエンナーレ2016」などがある。奈良市アートプロジェクト「古都祝奈良」ではプログラム・ディレクターも務めている。
http://yoshinarinishio.net

Inワークショップ

初めての人でも楽しい「秋の水彩ヌードデッサン会」

奈良市内では機会の少ないヌードデッサンの会を開催します!
初心者の方でも描きやすい、墨や水彩を用いたデッサン方法をお教えします。勿論、木炭や鉛筆で書いてもOKです!お子さん連れの方はスタッフが別室で遊んでいますので、集中してデッサンしていただくことができます。

 

日時:11月3日(日)13:00-15:30

料金:2,500円(モデル代(プロの方がモデルをされます)/お茶代込)

予約:不要(当日飛び込み参加可能)
持ち物:画材と紙は各自用意(紙は当日購入可能)


アドバイザー:英ゆう(場を作ったり時間を区切ったり、色んな提案をさせて頂きます。作家の方は自分の方法で進めてください。初心者の方などで、希望される方にはご指南致します。)

* * *

アドバイザープロフィール
1998年 京都市立芸術大学大学院絵画専攻油画修了
2003-4年 文化庁新進芸術家海外派遣制度にてチェンマイで滞在制作
2007年 京都市芸術文化特別奨励制度を受けてバンコクで滞在制作
2011年 京都市芸術新人賞受賞
個展、グループ展多数

つくる絵画室・だるまROOM主催
www.daruma.o0o0.jp

* * *

 

講師の英ゆうさんの作例です。

 

Inワークショップ

真夏のカレー&モビール祭り開催~~!!

 

風でゆらゆらゆれて楽しいモビール(動く彫刻)を、身近なモノを使って楽しく工作します。
テーマは「おばけ」!何才からでも参加OK!赤ちゃんづれも、大人のおひとりさまも、大歓迎です。
「おやこ食堂」も同時オープン!今回のメニューは、夏野菜をたっぷり使った無水カレー♡市販のルーを使わないので、授乳中のお母さんも乳腺が詰まりません。


2019年8月25日(日)
11:00~12:30  おやこ食堂(夏野菜の無水カレー)
13:00~15:00  モビール作りワークショップ

持ち物:お家にあるビニールやシール、色紙、お菓子の入れ物などモビールにつけたら面白そうな物(なくてもOK)
服装:汚れても良い服でお越しください 場所:maru room(マルルーム)
参加費:おやこ食堂 ハートマネー♡(投げ銭)/モビール作り 300円(材料代として)
予約:info@hanamaru-nara.art / 090-6978-9291 お名前・参加人数・連絡先をお教えください。
※飛び込み参加も大丈夫です !


講師 : 英(はなぶさ) ゆう


1998年 京都市立芸術大学大学院絵画専攻油画修了
2003-4年 文化庁新進芸術家海外派遣制度にてチェンマイで滞在制作
2007年 京都市芸術文化特別奨励制度を受けてバンコクで滞在制作
2011年  京都市芸術新人賞受賞
個展、グループ展多数 http://www.mccullypon.wakwakforest.com
つくる絵画室・だるまROOM主催 www.daruma.o0o0.jp

Inワークショップ

理事企画vol.2 週末はイベント盛りだくさんです!!

会期前半は暑かったり雨だったりする中で、色々な方にお越しいただいて食事を一緒に食べたり、ゲームを一緒にしたり、アートプロジェクトにまつわるあれやこれやを話し込んだり、とても楽しい4日間でした。ありがとうございます!

 

会期後半が本日から始まりました。

梅雨もあけ、一気に夏らしい気候になりましたね。

新大宮駅からmaru roomに来る道の先には、青々とした若草山が見えます。気持ちいい景色でお気に入りです。

さて、今週末はイベントが盛りだくさんです!!

 

7月27日(土) 10:00-16:00(随時受付)

『cumonosのシルクスクリーンで似顔絵をつくろう』
◆しまだそう、西嶋みゆき の作品から飛び出したパーツを使って福笑いのように自由にコラージュした誰かの顔をシルクスクリーンにして、バッグやハンカチなどを制作できます!誰かへのプレゼント作りにでも是非(´︶`)
お子さんとのご参加もお気軽にどうぞ!サポート致しますので一緒に楽しみましょう☺
◆参加費2500円(体験費・材料費込み)
◆予約優先、当日飛び入り参加可能

 

『竹内カロンa.k.aレヴェイユ小夢の数秘術占』11:00-18:00(随時受付)


7月28日(日)

12時-赤子を囲んで持ち寄りご飯会   
13時-ピカとピッピのお花畑トーク〜母であったりなかったり〜  
17時-居城純子の終わりの儀

 

この2日間は人間食堂もやっていますのでどなたでもご飯食べていってくださいね。されに、限定でクラフトビールの提供もあります🍻自転車、ベビーカーは置き場所があります。車は近隣のコインパーキングをご利用ください。(*ナビででる大通りからの最後の曲がり角が水道工事中です。細めの迂回道になるので、気をつけていらしてください。)

 

今夜から明日夜まであいちトリエンナーレ出展作家さんがキューバから奈良観光にこられるとのことで、本日19時から持ち寄りご飯会を開きます。どんなお話が飛び出すか、今からワクワク・・・!

Inワークショップ

野染め&木彫りのワークショップ、盛況でした!

2019年2月10日(日)に、ならまちセンター市民ホールにて上演される演劇「おにはうちものがたり」内で使用される舞台美術を皆で制作するワークショップを、一般社団法人はなまるの理事高橋が中心となり、企画・開催しました!

 

ワークショップ当日は、両日とも晴天に恵まれました。

外でのびのびと楽しむワークショップだったので、ホッ。

1日目は、野染めのワークショップです。染めの素材には、キハダやダリアなど、奈良で取れた花や木の皮を使用します。

講師の高橋。(当団体理事)

 

 

 

 

午前・午後でおよそ30名の方々にご参加いただき、面白い模様の布が100m染め上がりました。この布たちが、2月の舞台でどのような活躍をするのか、楽しみです!舞台で使用された後は、奈良町にぎわいの家にて展示する予定です。

 

 

2日目は、木を彫るワークショップでした。

室生のヒノキをどなたでも自由にミノで彫っていただくことができます。

 

 

 

トントントントン…心地よいリズムが奈良町に響きました。

観光で来られていたご家族連れ、イギリスの方、ご近所の方々など、15名ほどに夢中になって彫っていただきました。こんなに大きな木を彫るなんて、めったにできない経験をできた!とご感想をちょうだいしました。こちらの木々も、2月10日の舞台にて小道具として活躍する予定です!

 

子どもでも楽しめる物づくりのワークショップは、これからも続けていければなと思っています。今回皆で作った布や木が使用される舞台の進捗状況や、展示の様子なども随時こちらのブログで更新していく予定です。