撮影:佐伯慎亮

 

[About maru room]

大叔母の残した、昭和の趣が残る奥行きのある戸建て物件を改修しました。

個性的な展示室3室の他に、シルクスクリーン作業場、キッチン、子どものためのプレイルーム、和室があり、様々な利用方法が可能です。展示の他にも、子ども食堂や子ども向けワークショップ、食に関する勉強会の開催、映画上映会など、芸術と生活が密着した場所を目指します。

家主は0歳児を育てながら「住み開き」スタイルでオープンしています。

※住み開きとは…クリエイター・アサダワタルさんが提唱している、自宅というプライベートな空間の一部を開放し、友人や知人あるいは見知らぬ他人まで、さまざまな人が集うパブリックスペースとして共有する新たなコミュニケーションの手法。(引用:家から始めるコミュニティづくり、「住み開き」のススメ

 


[図面]

 

◉展示室1:応接室

天井のしつらえが特徴的な応接間に展示用の棚を取り付けています。
個性的な空間ですが、上手に展示すればとても魅力的な空間になります。

 

◉展示室2:白壁部屋
いわゆるホワイトキューブです。スポットライトも付いています。広々と勝手よく使えます。

 

◉展示室3:赤絨毯部屋
赤い絨毯が特徴的な小部屋です。

 

◉キッチン
普通のよくある家のキッチン。保健所の飲食店経営許可を取得しています。

 

◉子どもの遊び場
おもちゃや絵本をいっぱい用意しています。たくさん散らかして、たくさん遊んでください。

 

◉板の間
10畳ほどある使い勝手の良い空間です。

 

◉シルクスクリーン作業場
シルクスクリーンの機材が揃っています。


備品・機材

簡易プロジェクター、スポット、ミキサー、マイク、電子ピアノ、椅子(6脚)、子供用椅子(5脚)、座布団(20枚)、冷蔵庫、電子レンジ

Wi-Fiあり


[貸出について]
各部屋貸出可能です。(1部屋1,000円/日〜)
お気軽にお問い合わせください。
info◎hanamaru-nara.art(◎→@)