西尾美也個展「着がえる家」会期前半は100名近くの方にお越しいただきました。ありがとうございます!

元々この家にあったような錯覚に陥るほど、どの部屋にもぴたっとマッチした作品たちが楽しげに並んでいます。

「トースターの中のも作品ですか?」「いえ、これは私の昼ごはんです(笑)」といったやり取りがあるほど、どこまでが作品でどこからが家の日常なのか、境界が曖昧な展示となっているのも、住居一体型のmaru roomならではだと思います。美術って、自分の視点次第で案外身近にあるもんなんやな…!と思っていただけていれば何よりです。

 

3回も来てくださった学生さんは、3回目にはすべての展示ばっちり解説ツアーをしてくださっていました。流暢な説明にお友達も家主である私もふむふむと思わず頷いちゃいます。

 

もうひとつの展示会場、飯村赤ちゃん(子ども服屋)にも多くの方にお越し下さり、ありがとうございます。普段あまり子ども服屋と縁の無い方も、お店が気になっていたけど入ることに戸惑われていた方も、この機会に是非足を踏み入れてみてください。

この子ども服屋「飯村赤ちゃん」は、maru room家主の飯村の伯父が営むお店です。祖父祖母が営んでいたときからしょっちゅう遊びに行っていた思い出の場所。ここなら、面白い展示ができるはず!自分のルーツを掘り起こすきっかけになるような展示をしてみたいな。そう思い続けていた飯村の妄想が、西尾美也さんのお力を借りて、ついに実現した形となっています。

子ども服に囲まれる大人サイズの子ども服!?を是非、目撃してください!

 

「着がえる家」会期は明日明後日、残り2日間となりました。

日曜日には、おやこ食堂(ちらし寿司と野菜たっぷりのお味噌汁)もあります!

🌟11:00-14:00 子ども無料、大人はハートマネー(投げ銭)🌟

 

皆さまのお越しをお待ち申し上げております。