野染め&木彫りのワークショップ、盛況でした!

2019年2月10日(日)に、ならまちセンター市民ホールにて上演される演劇「おにはうちものがたり」内で使用される舞台美術を皆で制作するワークショップを、一般社団法人はなまるの理事高橋が中心となり、企画・開催しました!

 

ワークショップ当日は、両日とも晴天に恵まれました。

外でのびのびと楽しむワークショップだったので、ホッ。

1日目は、野染めのワークショップです。染めの素材には、キハダやダリアなど、奈良で取れた花や木の皮を使用します。

講師の高橋。(当団体理事)

 

 

 

 

午前・午後でおよそ30名の方々にご参加いただき、面白い模様の布が100m染め上がりました。この布たちが、2月の舞台でどのような活躍をするのか、楽しみです!舞台で使用された後は、奈良町にぎわいの家にて展示する予定です。

 

 

2日目は、木を彫るワークショップでした。

室生のヒノキをどなたでも自由にミノで彫っていただくことができます。

 

 

 

トントントントン…心地よいリズムが奈良町に響きました。

観光で来られていたご家族連れ、イギリスの方、ご近所の方々など、15名ほどに夢中になって彫っていただきました。こんなに大きな木を彫るなんて、めったにできない経験をできた!とご感想をちょうだいしました。こちらの木々も、2月10日の舞台にて小道具として活躍する予定です!

 

子どもでも楽しめる物づくりのワークショップは、これからも続けていければなと思っています。今回皆で作った布や木が使用される舞台の進捗状況や、展示の様子なども随時こちらのブログで更新していく予定です。

コメント